掲示板

サイトの更新情報やPRにご利用下さい。

タイトルTitle
名前Name
本文Contents

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第8話 暴走のゆくえ

「そこらへんの女子の告白みたいに軽くあしらうなよ!」
創真はいたたまれず叫んだ。
傲慢かもしれないが、翼をアイドルのように
思っている女子たちとは違うのだ。
同列に扱われるのだけは我慢ならなかった。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

読切和風ファンタジーアップしました。

2/28 短編小説『冬の精霊と吹雪の将軍』アップしました。

冬から春へ変わろうとしているにも関わらず、猛吹雪に見舞われる人間の世界。雪女郎という妖が冬の精霊戦士を従え吹雪を起こしていた。
戦士はなぜ雪女郎に従うのか。冬の精霊の長は、他の戦士達と共に雪女郎のもとへ向かう。

精霊達が織りなす和風お伽話 第4弾

どうぞお立ち寄り下さい。
http://suigyoku.yumenogotoshi.com

入賞致しました。

本日、エブリスタにて拙作「交錯勇者」が入賞致しました!

「交錯勇者 ─ Paradox hero.─」
https://estar.jp/_novel_view?w=24974591
結果詳細 https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=157299&_from=top_a1_4880
 灯子は今年赴任して来たばかりの養護教諭。着任した高校で、この日同僚と見回りしていたところ、不審者の騒ぎに巻き込まれる。そこで出会った青年が囁く。「何であんたが」と。
異世界転移とW勇者、タイムパラドックスと本格ファンタジー要素満載。

どうぞよろしくお願い致します!



また、マイナビ出版SFロマンス「Flat」が配信中です。
 
「Flat_フラット」
Kindle https://www.amazon.co.jp/dp/B07B7J2BLK
出版社情報(EPUBダウンロード可) https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=89434

よろしければ是非。

サイト http://idcg.hatenablog.com

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第7話 侵蝕

「諫早くんも歓迎するよ」
翼と二人きりになんかさせるもんか——
そんな創真の気持ちを見透しているかのように、
東條は含みのある笑みを浮かべてそう言った。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

花掌編小説

誕生花の花言葉に添って366話の掌編小説を書いています。
ほとんどが500字以内なのでサクッと読めます。
366輪そろうのはまだまだ先ですが、よろしくお願い致します。

https://moconly.wixsite.com/romeixsensou/disorderly-crowd-2

読切短編小説アップしました。

1/31 短編小説『亡国の騎士』をアップしました。

革命に倒れた王国に仕えていた騎士は、行方知れずの王女を探すべく密かに王国から逃げ出した。
辿り着いた街で、騎士が見るものは。

どうぞお立ち寄り下さい。

http://suigyoku.yumenogotoshi.com

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第6話 心に決めたひと

「僕を信頼できないか?」
翼は悩みを聞くと言ってくれるが、
翼の好きなひとから告白されただなんて
相談できるはずがない。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

長編ファンタジー小説更新しました。

1/17長編ファンタジー小説『誰がために陽光は射す』第41話をアップしました。

自分の魔力と向き合い、進むべき道を見出していくアルバス。
一方で、不穏な考えを持つトーマも自らの道を行くべく動き始めていた。

どうぞお立ち寄り下さい。

http://suigyoku.yumenogotoshi.com

読切短編小説アップしました。

12/27 短編小説『サンタクロースはいつでも歌う』をアップしました。
クリスマスが過ぎた夜。1つだけ渡せなかったプレゼントを嘆くサンタクロースは、トナカイと共にクリスマスの夜へ時間を遡る。
あの夜何が起きていたのか。聖夜に幼い生命を終えようとしている少年へ、サンタクロースは何ができるのか。

どうぞお立ち寄り下さい。

http://suigyoku.yumenogotoshi.com

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第5話 文化祭

「お帰りなさいませ、お嬢様」
翼は燕尾服を身につけて執事になりきり、
想いびとの綾音を美しい所作でもてなす。
その様子を、創真はミントの葉をちぎりながら
複雑な思いで眺めていた。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

仔猫の異世界トリップファンタジー更新

12/18 仔猫が主役の異世界トリップファンタジー小説『迷い猫、異世界を行く』第4話をアップしました。

攫われたルイは、同じく攫われていた猫アトゥナから自分達が違法な競売にかけられるのだと知る。
ティオスがくれた羽根に勇気づけられ、ティオスやアトゥナと協力し悪人をやっつけてやろうと誓う。

どうぞお立ち寄り下さい。
http://suigyoku.yumenogotoshi.com

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第4話 もうひとりの王子様

あれは、オレの役目だったのにな——。
東條のアシストで翼がゴールを決めて、
ふたりがハイタッチで喜び合う姿を、
創真はひとり寂しく眺めていた。
すこしずつ翼の隣が奪われていくのを
感じながら。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

サイト修正&設定資料集追加

ついにサイトがレスポンシブ対応デザインとなり、スマホからでも見やすくなりました。
小説の誤字脱字の修正、長編「人の子、妖の子。」番外編追加の他、worksにて設定資料集のリンクを追加しました。うちの子が本を執筆しているという体で、私の創作の世界観を纏めています。まだまだ記事は少ないですが、遊びに来てくださると嬉しいです。

https://hinagikutsushin.tumblr.com/

読み切り和風お伽話アップしました。

11/29 和風お伽話『秋の精霊と冬支度の温もり』をアップしました。
秋の精霊が住む里から人間の世界を見つめていた精霊の少年は、餌を求め人里近くに降りてきた熊が撃たれるのを見てしまう。
その熊には初めての冬を迎える子熊がいる事を知り、胸を痛めた少年が取った行動は……。

どうぞお立ち寄り下さい。

http://suigyoku.yumenogotoshi.com

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第3話 王子様の想いびと

翼に呼び出されて行きつけの喫茶店に向かうと、
そこにはもうひとりの幼なじみである綾音がいた。
小柄で童顔でほわんとした雰囲気の女の子——
彼女こそ、王子様と呼ばれる翼が一途に想いを
寄せる相手である。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

レンダー・ユアセルフ




あるところに、それはそれは
麗しい姫君と美しい王子様が──



「その化けの皮引っ剥がしてやるわ」

「きみの猫被りには恐れ入るよ」



……闘争心むき出しでいがみ合っておりました?



お 転 婆 王 女 × 腹 黒 王 子
https://s.maho.jp/book/1a0980c60caea396/6960580617/




日々スローペースで更新中。



管理人様、貴重なスペースを有難うございました。

オレの愛しい王子様

「オレの愛しい王子様」
第2話 帰国子女の編入生

「君、どこかで会ったことないか?」
編入生が翼の顔を見るなりそう問いかけた。
既視感を覚えたのも事実かも知れないが、
きっと彼はこのとき一目惚れをしたのだ。
同性だと思っていた翼に。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

短編連作小説更新しました。

10/25 短編連作『月光遊戯』第8話をアップしました。

自分の境遇をちらりと語って悲し気に笑う怪盗に、探偵こと上条は何を思うのか。

怪盗紳士の前に探偵として立ちはだかる青年男爵の奇妙な絆。

どうぞお立ち寄り下さい。

些細な日常

日頃の興味や関心を取り上げたエッセイ風の日記ブログです。作家・詩人の自分らしさを大切にしながら続けています。ぜひ来て下さい。

https://www.nagahitoyuki.com/

「オレの愛しい王子様」連載開始

「オレの愛しい王子様」連載開始

ずっと翼のそばにいて、翼を支える——。
幼いころに創真はいじめられていたひとりの少女と約束を交わす。
少女はいつしか王子様と言われるほど眉目秀麗な美少年となるが、
それでも創真の気持ちは変わらなかった。

http://celest.serio.jp/celest/novel_prince.html

アドレスを変更

常時SSL化により文芸Webサーチのアドレスを一部変更(http://→https://)しました。
なお、旧アドレスでも自動転送されます。

新アドレス:https://bungeiweb.net/