自サイトの更新情報やPRにご利用ください。

● 掲示板

[ ホーム ] | 新規投稿 ← 書き込みはここから | ワード検索 | 過去ログ |

No.3243 Geschichte
お久しぶりです。
剣と魔法の欧風異世界FT小説「Geschichte」157話UPしました。
:::
戦うにしては手狭過ぎる。恐らく数で圧倒して、抵抗心を挫くつもりなのだろう。
その手には乗らない。だが――神鐵の武具を身に着けていたら、苦戦を強いられるだけでは済まないかもしれない。
無言の横顔はいつになく厳しいもので、三人は無意識に口を噤んだ。
そして、
「魔物の群れは、消えたか?」
ロルはそう、声をかけた。正面の指揮官らしき男と、その向こうの多数の兵士たちに向かって。
「……なんだと?」
「ノルヌ平原を埋めた魔物の群れが消えたのなら、俺達が拘束される理由は最早ないはずだ」
静かな声だった。人に語ることに慣れたその声は、張り上げていないにも関わらず、その場の者達皆の耳に届いていた。

:::
ハイファンタジーお好きな方は是非v

http://rein-wiederkehr.egoism.jp/hyuside/RtI_zer0/Geschichte/Gtop.html


2016/08/07(Sun) 09:36:25 hyu

No.3242 短編コンテスト参加作up
本日8月6日『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』( http://estar.jp/.pc/_ofcl_evt_outline?e=148705 )参加作up致しました。

「oneself」
作品URL→ http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=24237693
 彼と自分との関係は、未来の無い不毛なモノだと悩んだ主人公は家を出て、新たな部屋へ移り住む。一方的な別れを告げて。近所の物音さえ遠い静寂の中で、ひとり耐える。

と、言う話です。

ちょっといろいろ匂わせている感は在ります。わざと一人称暈していたり、ね。

どうぞお暇なときにでもお楽しみください。

サイトURL→ http://idcg.hatenablog.com/


2016/08/06(Sat) 19:20:25 aza/あざ◆ce4261db

No.3241 横浜マタタビバージョン劇場。
<<おバカなものがたり集>>
おバカショート ”酷暑だ!怪談だ!マタタビの、『空き部屋』”
更新されましたにゃっこヽ(^^= )^-^=)ノ
http://mikan.sakura.ne.jp/~matatabi/funi/


2016/08/06(Sat) 13:22:31 横浜マタタビバージョン

No.3240 雪の夜、耳をすまして
「乖離性障害」の少女の物語。壊れていく現実。壊れていく心。ぼくは待つ。雪の夜、耳をすまして。遠いきみの声を。
http://www.alphapolis.co.jp/content/sentence/170411/


2016/08/05(Fri) 23:53:37 関谷俊博

No.3239 機械仕掛けのカンパネラ
「機械仕掛けのカンパネラ」
ひとつ屋根の下 - 第5話 井の中の蛙

「パパは綾辻製薬の社長よ。何だってできるわ!」
遥は七海をいじめる社長令嬢の瑠璃子と対峙するが、
警察をちらつかせて追いつめるとそう声を荒げた。
橘財閥との格の違いも知らずに――。

http://celest.serio.jp/celest/novel_campanella.html


2016/08/03(Wed) 17:11:41 瑞原唯子

86 - 90 ( 99 件中 )  <- 前ページ  次ページ ->  [ / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]

<<戻る
No: Pass: トップへ

- 365 bbs Ver3.10 -